個人情報の取扱いに関する基本方針

日本年金数理人会(以下「本会」という。)は、個人情報の保護の重要性に鑑み、個人情報の保護に関する法律その他関係法令等の定めに従って個人情報を厳格に取扱うこととし、個人情報の取扱いに関し、以下のような基本方針を定めます。

1. 個人情報の取得について

本会は、会員に関する個人情報をはじめ、あらゆる個人情報について、適切かつ公正な手段によって取得します。

2. 個人情報の利用について

(1)本会は、個人情報を取得の際に示した利用目的の範囲内において、事業遂行上必要な場合に限り利用します。
(2)本会は、個人情報を第三者との間で共同利用し、又は個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者について厳正な調査を行った上、個人情報の安全管理保持のため必要かつ適正な監督を行います。

3. 個人情報の第三者提供について

本会は、法令に定めがある場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

4. 個人情報の管理について

(1)本会は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
(2)本会は、個人情報を適切な方法で管理し、漏えい、滅失又はき損等を防止するための措置を講じます。

5. 個人情報の開示、訂正について

本会は、本人から自己の個人情報の開示、訂正の請求があった場合には、その請求が本人からのものであると確認できた場合に限り、開示、訂正の手続きを行います。

6. 個人情報保護に関する組織体制について

(1)本会は、理事長を個人情報管理の統括責任者として任命し、個人情報の適正な管理を実施します。
(2)本会は、職員等に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

ページトップへ

  • 個人情報の取扱いに関する基本方針