年金数理人制度

年金数理人制度の趣旨

企業年金制度等の財政が適正な年金数理に基づいて運営されていることを確保し、これにより加入員等の受給権を保護することを目的としています。

年金数理人制度の要点

  1. 年金数理人制度は、厚生年金基金の財政を健全に維持することを目的として、厚生年金保険法の改正により1988年から実施され、1991年からは国民年金基金制度、2002年からは確定給付企業年金制度にも適用されることになりました。
  2. 年金数理人は、厚生年金基金、国民年金基金および確定給付企業年金から厚生労働大臣に提出する年金数理に関する書類について、適正な年金数理に基づいて作成されていることを確認し、署名押印をすることとされています。
  3. 特に、厚生年金基金制度には指定年金数理人制度が導入されており、各基金は年金数理人の中から特定の年金数理人を指定し、指定された年金数理人は上記書類の確認を行うとともに、継続的に基金の財政状況の診断や財政運営へのアドバイスを実施しています。

年金数理人になるための要件

年金数理人を目指す方へを参照ください

ページトップへ

  • 年金数理人制度
  • 5分でわかる年金数理人